認知症・もの忘れ

認知症ってどんな病気?

認知症とは

認知症は、とっても身近な病気です。
一般に、65歳以上の高齢者の10人に1人に認知症の症状が見られると言われています。
認知症は早期に発見し、適切な治療を受けることで回復したり、進行を遅らせたりすることができます。正しく健康的な生活習慣を身につけることで、予防も可能であると考えられています。

認知症は、単なるもの忘れではありません。

「久しぶりに会った人のことが思い出せない…」このような経験は誰にでもあります。
「もの忘れ」は自然な老化によっておこる「単なる歳のせい」で、誰にでも起こりえます。
一方、「認知症」は「病気」であり、単なるもの忘れではありません。

認知症は、単なるもの忘れではありません。

ここでは知っているようで、実は正しく理解されていないことの多い「認知症」について、わかりやすくまとめてみました。

『認知症』と『もの忘れ』の違い

認知症は、はじめのうちは、歳のせいによるもの忘れ、との区別がつきにくい病気です。大きな違いの一つとして、認知症は体験のすべてを忘れてしまうのに対し、歳のせいによるもの忘れは体験の一部を忘れているという点があげられます。
『認知症』と『もの忘れ』の違いを、下記の表に示してみました。

もの忘れ 認知症
症状 名前や日付など、
とっさに思い出せない
体験した 全てを忘れている。
最近の出来事の記憶がない。
時間 ・居場所 意識がある 。理解できる。 時間や自分のいる場所が分らなくなる。
幻覚 ・妄想 なし。 幻覚や妄想を伴う場合もある。
人格 変化無く、維持される。 人格崩壊を招く場合もある。
日常生活 支障無く生活できる。 日常生活を営む事が困難。

症状について

中核症状・・・認知症特有の症状

記憶障がい(もの忘れ)

記憶障がい(もの忘れ)の画像

新しいことが覚えられず、過去の記憶もあいまいになります。
普通の老化によるもの忘れと違うのは、認知症の場合、体験したことそのものを忘れたり、ヒントを言われても思い出せないという点です。

見当識障がい

今いる場所や時間、自分と相手の関係が分からなくなります。
認知症の初期では、時間感覚が薄れ、もう少し進むと日付や季節、自分の年が分からないなどの症状が起こります。
また、進行すると近所で迷子になったり、自宅のトイレの場所が分からなくなったりします。

理解、判断力の障がい

ものを考えることにも障害が起こり、考えるスピードが遅くなったり、二つ以上のことをうまく処理できなくなったりします。周囲は急がせず、ゆっくりシンプルに表現することが大切です。

実行機能障がい

計画を立てて、考えながら物事を進めることができなくなります。ただし、周囲が次の手順をさりげなくアドバイスするなど、上手にサポートすることで対応することができます。

その他

認知症になると、その場の状況が読めないため、実際と異なる解釈をしたり、誤解して怒ったりします。
(例)「そんな馬鹿な!」という言葉を自分に向けて「馬鹿」と言われたと解釈して怒る。

周辺症状(必ずみられるとは限らない症状)

妄想の画像

妄想

しまい忘れたり、置き忘れたりした財布や通帳を誰かが盗んだ、自分に嫌がらせをするために隠したという「もの盗られ妄想」の形をとることが多くみられます。このような妄想は、最も身近な家族が対象になることが多いです。この他に「嫁がごはんに毒を入れている」という被害妄想や、「主人の所に女が来ている」といった嫉妬妄想などということもあります。

幻覚の画像

幻覚

認知症では幻聴よりも幻視が多く、「ほら、そこに子どもたちが来ているじゃないか。」「今、男の人たちが何人か入ってきたのよ。」などといったことがしばしば見られることもあります。

不安

もの忘れがひどくなったり、今までできていたことができなくなっていくことに対して不安やイライラ、混乱が出現することがあります。

依存

不安や焦燥のために、逆に依存的な傾向が強まることがあります。一時間でも一人になると落ち着かなくなり、常に家族の後ろをついて回るといった行動があらわれることがあります。

徘徊の画像"

徘徊

認知症の初期には、新たに通い始めた所への道順を覚えられない程度ですが、認知症の進行に伴い、自分の家への道など熟知しているはずの場所で迷い、行方不明になったりします。

攻撃的行動の画像

攻撃的行動

行動を注意・制止する時や、着衣や入浴の介助の際に、十分に本人に説明をしなかったりするとおきやすいです。型にはめようとすることで、不満が爆発することが少なくないです。また、幻覚や妄想から二次的に生じる場合もあります。

睡眠障がい<の画像

睡眠障がい

認知症の進行とともに、夜間の不眠、日中のうたた寝が増加する傾向にあります。

抑うつ状態

抑うつ状態

意欲の低下(何もしたくなくなる)や、思考の障がい(思考が遅くなる)といった、うつ病と似た症状が現れることがあります。

異食の画像

異食

タバコ、紙、土さらには、糞など、食物でない物を食べてしまうことがあります。脳の特定の部位の障がいによって現れる「手に触れる物は何でも口に入れてしまう傾向(口唇傾向)」によると考えられます。

認知症患者との接し方

認知症患者との接し方の画像

この人の生きている世界を理解し、安心と自信が保たれるよう、
おだやかな気持ちで接することが大切です。

  1. 急な環境の変化を避けましょう
  2. 本人のペースに合わせましょう
  3. 本人の話を訂正したり批判したりはせずに、耳を傾けましょう。
  4. できないことはさせず、できることはしてもらうようにしましょう。
  5. 「忘れる」ということを、うまく利用しましょう。
  6. 家族全員が協力し、介護保険サービスなどの社会資源をうまく利用しましょう。

予防するには

生活習慣の改善と脳の活性化が有効です。

認知症の予防のためには、まず生活習慣を改善しましょう。(特に、有酸素運動と食事)

  • 塩分・糖分・脂肪を取りすぎないで! (山の幸・海の幸を食卓へ)
  • 禁煙と節酒を心がける。
  • 定期的かつ適度な有酸素運動をおこなう。
  • 規則的な休養と睡眠をとる。

認知症予防(日常生活の心得)

  1. もの忘れ 初めが大事 病院受診。早め早めに相談を
  2. 手も足も口も動かし、認知症予防。指先使って今日も精出す。
  3. わっはっは。とにかく笑う生活を。
  4. せっせと歩こう毎日散歩。閉じこもらずに認知症予防。
  5. あぶないよ 頑固で真面目で几帳面 くよくよせずに気を楽に。
  6. 毎日バランスを考えて  食べよう脳によい食事。
  7. お医者さん 近くにいます。

認知症かな ? と思ったら

早めに医師の診断を!

認知症かな?と心配になったら、早めに専門の医師の診察を受けることが大切です。
「自分は大丈夫かな?」「家族の最近の様子が気になる」などご心配な方は、医師への相談・受診をおすすめします。
早ければ早いほど、適切な治療を受けることができ、健康な時間を長くすることができます。

認知症チェックリスト

ご本人の現在の日常生活と1年前の状態を比べてください。
総合点が24点以下の場合、認知症の疑いがあります。 この結果は、あくまでも「疑いの目安」にすぎません。

質問 変わらない 多少
悪くなった
とても
悪くなった
チェック1
曜日や月がわかりますか?
2点 1点 1点
チェック2
以前と同じように道がわかりますか?
2点 1点 1点
チェック3
住所・電話番号を覚えていますか?
2点 1点 1点
チェック4
物がいつもしまわれている場所を 覚えていますか?
2点 1点 1点
チェック5
物がいつもの場所にないとき 見つけることができますか?
2点 1点 1点
チェック6
電気製品(洗濯機やテレビのリモコン等)を使いこなすことができますか?
2点 1点 1点
チェック7
自分で状況にあった着衣ができますか?
2点 1点 1点
チェック8
買い物でお金を払うことができますか?
2点 1点 1点
チェック9
身体の具合が悪くなったわけではないのに、行動が不活発になりましたか?
2点 1点 1点
チェック10
本の内容やテレビの筋がわかりますか?
2点 1点 1点
チェック11
手紙を書いていますか?
2点 1点 1点
チェック12
数日前の会話を 自分から思い出すことができますか?
2点 1点 1点
チェック13
数日前の会話の内容を思い出させようとしても 難しいですか?
2点 1点 1点
チェック14
会話の途中で言いたいことを忘れることが ありますか?
2点 1点 1点
チェック15
会話の途中で適切な単語が出てこないことが ありますか?
2点 1点 1点
チェック16
よく知っている人の顔がわかりますか?
2点 1点 1点
チェック17
よく知っている人の名前を覚えていますか?
2点 1点 1点
チェック18
その人たちがどこに住んでいるか、 仕事などがわかりますか?
2点 1点 1点
チェック19
最近のことを忘れっぽくなりましたか?
2点 1点 1点
チェック1〜19の合計点

治療法について

薬物療法

認知症の中心となる症状である記憶障がいを根本的に治療する薬は、今のところありません。
しかし、最近アルツハイマー型認知症の症状の進行を遅らせる薬が出てきています。
この薬は、病気を治す薬ではありませんが、認知症の症状の進行を遅らせることによって、ご家族と一緒に過ごす貴重な時間を長くすることができるのです。
また、ご家族の方を悩ませているのは、主に周辺症状だと思います。
周辺症状のうち、いくつかの症状は、適切な薬物療法を使用することによって軽くなることがあります。

お薬を服用すると副作用が現れやすく、たとえば便秘や排尿障がい、口の渇きが生じたり、ふらつきや歩行障がいにより転びやすくなるなど注意が必要です。

その他の療法

その他の療法は、認知症症状による毎日の活動の制限を和らげるためや、その症状に悪影響を及ぼすストレスの軽減のため、さらには脳の神経細胞を刺激するために行われます。
当院では、主に回想法、作業療法、現実見当識訓練(リアリティオリエンテーション)を行っています。

回想法

思い出を蘇らせることで、認知症の進行を遅らせたり、精神的な安定をはかる療法です。

認知症は、すぐ前のできごとを忘れてしまっていても過去のことを覚えています。そのような認知症者の記憶を引き出し、共感しながらその人の心の安定をはかりながら、懐かしい・楽しいといった思い出を蘇らせることで、精神的に心地よい環境を作り出し、認知症の進行を遅らせようとしたり、精神的な安定をはかる療法です。

作業療法

作業療法の画像

身体を動かすことで、身体機能を維持する効果や、日中活動することで、生活のリズムをつける効果がある治療法です。また、不安や混乱を軽減する効果も期待できます。

現実見当識訓練 (リアリティオリエンテーション)

現実見当識を深め、見当識障がいを解消するための訓練です。

時間や場所、人間関係といった見当識を認識させることで、周囲の状況をより良く理解し、認知症患者さんの自己規制や自尊心を回復しようとする治療法です。
このほかに、介護者が認知症患者さんに対して共感して接し、理解するというバリデーション療法などがあります。これらの治療法のほかに、定期的に運動を行うことが症状の進行を遅らせるという報告もあります。

各療法とも基本的に認知症患者さんになじみのある内容を選択していきます。
どの治療法でも、認知症患者さんが強制をされず、楽しんで治療に参加することが重要です。